まえのページ
つぎのページ
しょうぶ工房・木工家具とクラフト
家具・建具/木製振り子時計/オルゴール・小箱・など/オイルボックス/フライフィッシャーズ/
リンク集/工房の場所・営業時間・ご注文/工房と原村の紹介/イベント/メール/ファミリー/写真・写真機・古物修理
お問合せ先
 〒391−0115
 長野県諏訪郡原村原山17217−3576
   御山マレットゴルフ隣
 電話/FAX 0266−70−2269
木製歯車の時計

古い時代の時計には、棒テンプ式のものが多く見られます。和時計もこの方式ですが時間精度はあまり良くなく、一日に20分くらいの遅れ進みはあたりまえと思ったほうがいいようです。振り子式が発明されてからはるかに時間精度は向上しました。歯車も木製でできている時計には、この棒テンプ式のものと、振り子式のものがあります。ここでご紹介するのは棒テンプ式、動力として分銅の重力を利用したものです。

<上写真>
アメリカのJoeMoninxさんの作られている木製時計のキットです。14世紀ごろの時計がモデルになっています。
キットの代行輸入します。なお当工房で翻訳した日本語の製作マニュアルもおつけします。
(オリジナルはこちらhttp://www.woodenclockworks.net/)
Hour Hand Clock
(時針だけで分針・秒針のない時計)
  キットのみ   2万9千600円
              (為替相場により変動することがあります)
  キット+製作教室(一日) 3万4千600円
  完成品   3
万8千円

<左写真>
 同じくJoemoninxさんの
Colonial Type All Wood Clock
時針と分針のある豪華な木製時計です
  キットのみ   4万9千600円 
   (為替相場により変動することがあります) 
  キット+製作教室(一日)
          5万5千円
  完成品     7万円
キットは無塗装です。写真の作例では4色のステインで着色してあります。

歯車や針も無垢の木でできています.
軸受
けなどごく一部に木以外の部品が使ってあって、強度の保証や摩擦の軽減がなされています。だれがつくっても確実に動くようなメカニズムです。

総木製時計のアルバムページへ

総木製時計のアルバムページへ