アンティークの2へ

時計以外の修理品あれこれ
  写真機の修理はこちら

  
ブログにもいろいろ載せてます

お問合せ先
 〒391−0115
 長野県諏訪郡原村原山17217−3576
   御山マレットゴルフ隣
 電話/FAX 0266−70−2269
しょうぶ工房・木工家具とクラフト
家具・建具/木製振り子時計/オルゴール・小箱・など/オイルボックス/フライフィッシャーズ/
リンク集/工房の場所・営業時間・ご注文/工房と原村の紹介/イベント/メール/ファミリー/写真・写真機・古物修理
つぎのページ
まえのページ

うわっ、ほこりだらけ!!
でもこんなのは、案外機械は傷んでなくて、ほこりを取れば動くんですよ。

あごの外れているのも板を削りなおして貼り付けました。

こんな感じにきれいになります。

まだ10年位前のホームラジオです。
木製のキャビネットが落ち着いた感じで好きです。音も自然な感じです。今はこういうのあんまり売ってないですね。
今のはみんなデジタル化されていて、私みたいに古い人間には使いにくいです。

時計と目盛盤の照明が切れていましたのでなおしてあります。照明用の電球が切れているのは多いです。
AIWA FR-T7 ホームラジオ

少し古いラジオは音量調整のボリュームやスイッチにガリ(動かすとスピーカーからバリッバリッと大きな音がしたり音の大きさが不安定)があるものが多いです。ばらして接触部分をきれいにしてやるとたいていは直ります。

1970年代のトランジスターラジオ

左はSONYのTFM-9510。低音域が豊かに出ます。右は同じくSONYのTFM-9500。こちらは左のほどではないですが張りがあって素直な低音が出てます。リビングや書斎の本棚において使うには、こんな雰囲気で音のいいラジオがいいなと思いました。